タグ : どんぐりと山猫

11/27の藤野のどんぐりと山猫の公演には宇夫方路がデビューします

来る11/27に神奈川県の相模原市緑区、最近政令指定都市になったので、これだとどの辺りを意味しているのか中々理解しがたいですが、山梨県と神奈川県の境にある相模湖のそばの藤野という場所で我々は演奏することになっています

当日のタイムスケジュールはこのページにありますが、我々の出演時刻は、12:25くらいからです。

アクセスもこのページでご参照ください。


そのリハーサルを昨日行いました。

今回のどんぐりと山猫の公演は、チェロのオブリガート付きのヴァージョンです。

写真には居ませんが、これに楠定憲が加わり、語り手三人ヴァージョンとしては初演になります。

語りと馬車別当が、楠定憲、一郎が宇夫方路、山猫を含む他の登場人物が高山正樹という役割分担です。
宇夫方路は普段、山猫合奏団の裏方としてマネージャーの役割を果たしていますが、実は有能な女優であり、琉球舞踊の踊り手でもあります。
一昨年の岡山ツアーでは、セロ弾きのゴーシュに登場する動物役で出演したことがあります(ゆえにメンバー紹介のページには「動物たち」と紹介されていますがおいおい修正する必要がありますね。)が、それ以来二度目の登場になりますし、どんぐりと山猫で語ることはもちろん、この作品の音楽家以外の出演者を三人でやるというのも初めてです。

山猫合奏団は、お芝居中心というよりは、その名のとおり、合奏団ですから、白石准の創作に楽器の編成が様々な形態でやってきた歴史がありますが、今年に入ってから、注文の多い料理店を役者四人で臨んだり、少しずつ「言葉」の部分にも新しい試みを取り入れています。

今回もその一環です。

どういうどんぐりと山猫になるか作曲家としては楽しみです。

音楽はピアノとチェロで臨みます。

数年前に岡山での演奏でチェロヴァージョンを編曲しましたが、オリジナルのピアノの音をチェロに振り替えたというのではなく、新たにチェロ独自の音を作曲したので、オリジナルを聴き慣れていてもかなり新鮮なハーモニーが響きます。
それは今年の沖縄の名護でも再演されました。

その後、マルチリード(フルート、クラリネット、サックス)を一人で吹き分ける奏者とピアノのヴァージョンがこれを元にして出来、先月は木管五重奏にも編曲しましたが、そのたびに新しいことを思いついて、作曲者としてはおもしろがっています。

今回も木管五重奏を経験したあとなので、その時に着想した新たなメロディーをチェロに弾かせようと思っています。
ゆえに、チェロ・オブリガート第二版ということになります。
(白石准 記)

宮崎県の新富町の楽屋では


2011/10/16には宮崎県の新富町と言う所で、木管五重奏版の“どんぐりと山猫”を演奏しましたが、この辺はうなぎの名産地でもあるらしいです。

前日のリハーサル時に出たお弁当はうなぎ弁当でした。

関東でよくあるような一回蒸してから焼くのではなくすぐ焼くスタイルだという事で、歯触りがとても質実剛健な(爆)感じがして美味しかったです。

個人的には、同じ九州でも久留米でいただいたときは蒸したうな重でこことは対照的で面白かったです。

その写真を撮り忘れましたが、一緒に出て来たのが「呉汁」という味噌汁でした。

呉というのは、大豆をすりつぶしてあるものだそうで、とても健康的で美味しかったです。

ただ、意外な事実を知ったのはBassoonの青木氏はなんと大豆アレルギーだということでこれを味わう事ができませんでした。

そして楽屋周りに置いてあったペットボトルのお茶にもこういう心遣い(まだこのblogの画像表示のシステムが良くわかりませんが、画像が出ていなかったらtitleをclickするとなぜか現れます。)が満載で本当に皆さんに良くして頂いた事が判ります。

本当にありがとうございました。

(白石准 記)

2011/10/16 “どんぐりと山猫”木管五重奏版初演終了

昨日宮崎県の新富町というところで、11時と15時の二回“、どんぐりと山猫”の新編曲に寄る木管五重奏版の初演が行われました。

子供達も多かったのですが、子供達以上に大人の中には想像以上に興奮して反応を示してくださる方が居て、楽器紹介のトークでは何人かの方々の顔を直接見ながら話す状態になり、大変うれしゅうございました。

しかし何よりも嬉しかったのは、終演後の打ち上げでメンバーの皆さんが、この作品の存在理由や今後の意気込みについて熱く語ってくださった事です。

作曲した身とすればこれ以上の光栄な状態はなく、この作品を書いた事、そしてメンバーを集めた事、そして今回最初は独奏でこの場所に呼んで頂いたきっかけなのですが、独奏ではなくこの人たちとここに来る事にしたことが最高の選択であったことを実感しました。

皆さん忙しいし、こんな編成の出し物はなかなか次の実現は難しいだろうなと、今回が最初で最後かもしれないという意識で編曲し、練習したのですが、周りはちっともそういうつもりではないらしく今後の展開を楽しみにしても良いかと思い始めました。

すべての関係者に感謝を申し上げます。

別の表情の写真を個人のblogにも出しました(爆)

あとこちらのblogにもメッセージを出しました。

写真に写っているポスターもこちらの方々の手作りで可愛い。

オリジナルのイラストにいろいろ追加変更があって新鮮でした。

会場のあちこちの壁に貼ってありました。

一つ持って帰りたかったですが、スタッフの人たちがみなさん持ってかえっていましたので残りはありませんでした(爆)

(白石准 記)

宮崎に着きました

山猫合奏団のサイトがリニューアルされたのと同時に白石准の新編曲の“どんぐりと山猫”の木管五重奏+Piano版の初演のため、先ほど宮崎に到着しました。

18時から舞台でrehersalが始まります。

実に楽しみです。
(白石准)

この写真は来る途中の空と、宿泊するHotelから見える景色です。

花壇の向こう側に河があります。

初めての投稿で色々やり方が判りませんでしたが、titleをclickすると写真のサムネイルが現れ、そして写真をclickすると投稿したsizeで表示されるようですね。

2011/11/27 地球愛祭りin神奈川

概要

地球愛祭りin神奈川チラシ

公演名
  • 地球愛祭り2011in神奈川
日時
  • 2011/11/27(日) 12:25頃開演
場所
  • 藤野芸術の家(神奈川県相模原市緑区)
料金
  • 無料
プログラム
  • どんぐりと山猫

出演

写真をクリックするとプロフィールをお読みいただけます。


関連リンク