語り,宇夫方路

うぶかたみち Michi Ubukata

うぶかたみち Michi Ubukata

日本工学院専門学校芸術学部演劇科卒。在学中から早稲田小劇場の研究生に。その後イエローページ、劇団えるむ、群馬中芸などの舞台に出演。

主な出演作品は「琴」「鼓」「六千人の命のビザ」「地べたっこさまやーい」「コッペパンはきつねいろ」他。

舞踊の世界では天才花柳紀寿郎の内弟子として日本舞踊を、その後、玉城流喜納の会関東支部関りえ子琉球舞踊研究所に所属し、国内外の公演に出演。2008年に教師となり、現在はカルチャーなどで指導もしている。

2009年の岡山で“セロ弾きのゴーシュ”を上演した折り、ゴーシュの前に登場する動物たちの役で白石准作品に初登場。
もともと、山猫合奏団の事務処理は全部彼女の力なしには成立していないのではあるが、この時初の女性メンバーとして正式デビュー。

M.A.P.の影のボス……

「語り,宇夫方路」への1件のフィードバック

  1. 路ちゃん、お元気ですか?
    ここ数十年、actor21と言うワークショップを演技を教えてます。
    昔の「又兵衛塚」のダイジェストの映像をホームページに貼ったら路ちゃん人気者でよ。
    素晴らしい女優さんでイエローページ(劇団)をささえてくれた
    大切な人です。
    時々私の夢に出演して頂いてます。
    これからもお身体を大切に頑張って下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です