オリジナルグッズ

どんぐりと山猫

既存の作曲家シリーズ第3弾 – 絵本を歌う

原作 レイモンド・ブリックス
構成 山猫合奏団
作曲 ハワード・ブレイク
編成 語り・歌1名 ピアノ1名
内容 少年と雪だるまの心温まる有名な物語にハワード・ブレイクが音楽を付けました。

白石准のピアノに乗せて、ストーリーと途中の少年の歌を、ラ・フォンテーヌの寓話の試みから山猫合奏団の一員に加わったソプラノの人見共が爽やかに歌い上げます。
我々の演奏は、2010年と2014年でした。

もう一つの白石准のオリジナル作品、「幻冬の詩」(げんとうのうた)と共に、雪に関する2つの作品として冬の季節向きの作品かもしれません。