オリジナルグッズ

どんぐりと山猫

2012/09/22は、山猫合奏団のチェリスト、大島純君の出身地、岡山県津山市にある、ベルフォーレ津山というホールで、我々の“セロ弾きのゴーシュ”を演奏してきました。
残念ながら、ホールの中という訳ではありませんでしたが、ロビー(ホワイエというのか?)での演奏という事で、ピアノの状態や響きに不安を持って行きましたが、天井が高く、絨毯張りとはいえ、すごく残響があり、とても気持ちよく弾けました。
そして津山付近では行く度に何時もお世話になる安藤さんというすばらしい調律師のお陰で、小さいグランドピアノでしたが、とても気持ちよく弾かせてくださいました。
安藤さんというkeywordがある山猫合奏団の演奏記事は、ここにあります。

この企画は大島純の母君である、大島良子さんが主宰する、「童謡ひろば〜うたわらべ」という童謡唱歌の普及を目指した活動と山猫合奏団とのジョイントコンサートという形でした。
で、前半が母君のステージ、後半が我々山猫合奏団というプログラムになっていました。
写真は、一曲だけあった親子共演のリハーサルの写真です。

右端に、なぜか、“セロ弾きのゴーシュ”に出てくる「かっこう」君が居ます。
お母さんに負けずに歌っているように見えます(笑)
大島親子の共演@RH

親子をクローズ・アップで。
大島親子の共演2

大島良子さんの伴奏を務めた、先本潤子さん。
お二人、ないしは、大島君を入れた記念撮影をするのを忘れたので、彼女のお顔の正面から撮ったものが無いことに気づきました。
大変失礼しました。
先本潤子さん

本番の写真です。
こんなにお客様がいらしてくださいました。
でも音は極端に吸われてしまうことはなく、豊かな響きの中で気持ちよく響いていました。
十分この場所もコンサート会場になりうると思いました。
大島親子の共演@本番

次の記事で我々の演奏の写真(調律の安藤さんにお願いしました。)を投稿します。

関連記事: