ホルン,井手詩朗

いでしろう Shirou Ide

いでしろう Shirou Ide

日本人離れした伸びやかで明るい音色を持つ現在日本を代表するホルン奏者の一人。

1962年北海道千歳市生まれ。5歳よりピアノ、中学1年よりホルンを始める。高校入学と同時にホルンを市川雅敏氏(札幌交響楽団)に師事。1981年国立音楽大学入学。
ホルンを大阪泰久、千葉馨の両氏に師事。1984年大学在学中に東京佼成ウインドオーケストラに入団。1985年国立音楽大学卒業。同年5月、第1回ヤマハ新人演奏会出演。
同年11月第2回日本管打楽器コンクールホルン部門第3位。

1988年新日本フィルハーモニー交響楽団に移籍。同年11月第5回日本管打楽器コンクールホルン部門第2位。
1989年7月、第21回国際ホルンシンポジウム(ミュンヘン)に招待され、千葉馨氏とジョイントリサイタルを行う。
1990年には第1回パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)に参加。ホルンをH・スィーナン(LSO)に師事。
1999年には世界中のオーケストラで活躍するPMFの卒業生から選抜され結成されたオーケストラPMF10(テン)にも選ばれ、国内ツアーを行う。

新日本フィルにおいてたびたびソリストとしてモーツァルトやR.シュトラウスの協奏曲を共演する。
またこれまでに、東京佼成ウインド、フィルハーモニー・ボンその他全国各地のオーケストラ、吹奏楽団等で協奏曲を多数共演する。

室内楽の分野ではJapan North Brass(金管五重奏)を主宰。東京ホルンクラブ、クニタチ・フィルハーモニカーアンサンブル、その他多数室内楽プロジェクトにも参加している。現在(財)新日本フィルハーモニー交響楽団首席ホルン奏者を務める傍ら、国立音楽大学、東京ミュージック&メディアアーツ尚美、トリフォニージュニアオーケストラ等で後進の指導にも精力的にあたっている。

白石准とは新日本フィルハーモニーで出会い、独奏との共演も重ねている。