オリジナルグッズ

どんぐりと山猫

突然ですが、本日東京の郊外、狛江市のエコルマホールで、我らが山猫合奏団は、宮沢賢治原作、白石准作曲の“どんぐりと山猫”を演奏します。
昨日ホールでリハーサル。宣伝をしてなかったので、今更ながら。
チラシは、http://shiraishijun.jp/chirashi/20151114komae.pdf
にあります。
僕らの演奏時刻は、16時ころになると思います。
小田急線の狛江駅(各駅停車のみ)を降りたらすぐ目の前です。入口が判りやすいとは言えませんが、誰かに訊けばすぐ判ります。(#^.^#)入場料は1000円です。
今回は、他の演奏団体との時間の兼ね合いで、長さに制限があって、(通常は40分弱だと思いますが)10分ほどやむをえなく割愛しました。ですので、いつも聴いて頂いて居る方にも新鮮かと(爆)
エコルマホールのSTEINWAYのピアノは弾きやすいし良い音がしたし、実に良い楽器でした。
最近演奏してきたサロン風の会場とは違って、数年ぶりに、700人規模のホールでの演奏なので、楽器も良いし響きも良いので実に気持ち良いです。
もうこの曲を書いてから、34-5年が経ちました。この曲を演奏した回数は憶えてないけど、やっぱり巨匠の作品を弾く幸せとは違う、自分の曲を弾いている時の感興というのは、違います。
我々の演奏(白石准のオリジナル作品に限る)は、会場での録音は自由になっています。
録音したら、是非とも他の人に聴かせて欲しいからです(爆)
写真も、高級な一眼レフでシャッター音がする(極度に抑えられて他の人の迷惑にならなければOK)ものや携帯でぴろろろーんって鳴るもの以外、コンパクトデジカメの様に音が出ないものならOKなんです。
まあ誰も若くないしイケメンは居ませんが、(爆)この舞台の場合は肖像権は放棄しています(爆)

関連記事: