オリジナルグッズ

どんぐりと山猫

白石准です。

もうだいぶ前の事になってしまいましたが、7/21の東京品川付近で行われたチルドレン・フェスティヴァルの事についてちょっと書いておこうと思います。

この公演は、久しぶりに、“注文の多い料理店”と“どんぐりと山猫”の二本立てでやりました。

宣伝してた時にも書いたかも知れませんが、宇夫方路女史の二度目の“どんぐりと山猫”であり、今回は、地の部分というか、状況を説明するいわゆる「語り手」も初めて担当しました。
初めて参加したときは、語り手は三人居たので、山猫から手紙が来る一郎の役だけでしたから。

もう三十余年もやっていて、同じ仲間とやっていると、当たり前に思ってしまうことがあります。
それが、リハーサルの時には、やはりこういう事は指摘しないと駄目だろうなと新たな発見がありました。

それと共に、以前にも長々書いたことがありましたが、賢治のそれぞれの作品の世界観が微妙に違う事も痛感しました。

以前に、“セロ弾きのゴーシュ”や“注文の多い料理店”、“オツベルと象”の登場人物は実に感情が豊かで、怒ったり悲しんだりしているのですが、この“どんぐりと山猫”に出てくる一郎というのは、一番沢山出ているから、主人公かと思いきや、“セロ弾きのゴーシュ”のゴーシュとか、“注文の多い料理店”に出てくる狩人達、そして“オツベルと象”に出てくるオツベルや象とは違い、全く感情の描かれ方が希薄だと言う事を書きました。(根性のある人(爆)は、この事に関するもの白石准によるすごく長大な記事と48個のコメントがここにありますので参照してください。)

故に、白石准としては、この「一郎」というのはほとんど登場人物というよりは、読んでいる人、僕らの場合は観客席に居る人たちの代表、それはまるで、能の「ワキ」の様な役割なのかも知れないと思うようになりました。

で、賢治は、その「安全地帯に居る人たち」に最後、強烈にアンチテーゼをぶつけているのです。
裁判を鮮やかに終了させた理屈が「大きいとか尖っているとかではなく、どんぐりの中で馬鹿で滅茶苦茶なのが偉い」としていたのに、最後、山猫のお礼の選択肢が、「金のどんぐりと塩鮭の頭とどっちが良いか」と訊かれたとき、二つ返事で実にこの世的な前者を選んでしまったという浅はかさ、、。

そこで、今回のリハーサルで、宇夫方女史は最初、登場人物の台詞が音符に乗っかっているので、それを正確に発音することの難しさに苛まれていました。

しかし、段々気づいたのは、それは反復練習の末に何とかなるわけだけど、“セロ弾きのゴーシュ”や“注文の多い料理店”よりは、決定的に、状況を説明する「台詞以外」の部分が、前述のものより、実にリズミカルにテンポの増減やピッチの上でも、様々に音楽的に語らないと、駄目だと言うことです。(逆に一郎の方がニュースを読むアナウンサー口調の方が良い(感情があることを思い起こさせてはいけない)くらいだ。)

つまり、だれも映像を観ることの出来ない聴取者を対象とした、ラジオで相撲や野球、サッカーを中継しているスポーツ・アナウンサーの様な表現力が必要なのだと思いました。

最終的には、僕や、何時もその部分を読んでいる高山正樹の指摘に彼女の頭の中は相当悩まされたことでしょうが、本番は見事、今後また山猫合奏団にとって、重要な戦力となる表現力を見せて貰いました。

前の段落で、“オツベルと象”を除外していましたが、この作品は、ほとんど状況説明をしている語りの部分が韻を踏んでいますから、この“どんぐりと山猫”以上にその部分も大変重要です。
だから、その作品では、99.9%の語りや台詞、そして歌にした部分も全部音符にしました。

今のところ、白石准は四つの宮沢賢治作品を音楽にしていますが、僕なりにそれぞれ、違う冒険をしています。

前半で演奏された、“注文の多い料理店”は、徹底的に同じ音楽(山猫のドアに書いてあるメッセージを歌にしたからその歌の雰囲気をほとんど同じにしたのです。)を反復して、我らが高山正樹の希有な歌唱力でしか表現できないような「狩人達が段々感じる恐怖」ではなく、「段々嬉しくなってくる山猫の感情」を表現した実に明るい世界と、最初と最後に全く本編とは関係なさそうな、寂寥感に満ちた「深い森の音楽」、そして佳境に入ったときの「子分達の漫才の様な一瞬からカタストロフへ向かう部分」の音楽で構成されています。

この二つを上演できるときは、必ず、「僕の独断で、本来は全く関係ないこの二つの作品が一幕、二幕として、繋がったstoryに解釈して上演する」という事をアナウンスします。

後一歩で狩人達を喰う事に失敗した“注文の多い料理店”の中の山猫。
臥薪嘗胆の末、間抜けな山猫から、実に、人を食った様に周到に謎かけをしてくるまでに成長した“どんぐりと山猫”の中の山猫。

「“セロ弾きのゴーシュ”という作品が、音楽無しに読んで、何が面白いのか判らない」と思っているのと同時に、この“注文の多い料理店”と“どんぐりと山猫”の二つはやっぱり切り離せない話なのでは無いかと上演する度にその確信が深まっている所です。

しかし、同時に、“注文の多い料理店”については、他の作品より、音楽的な変化も少ないし、一番地味かもしれないので、みなさんの聴いた感じがどうなんだろうな、と、逆に単独で演奏する事を恐れてしまう様にもなってしまいました。

しかし、終演後、直接ロビーで数人の人にお話を聞くチャンスを得ましたが、初めて会った子供が「“注文の多い料理店”が面白くて(怖くて)、どういう展開になるのかドキドキしました。」と云って貰えてかなり安心しました。

昨年、“セロ弾きのゴーシュ”と“注文の多い料理店”は、厚生労働省より、「社会保障審議会推薦児童福祉文化財」に認定される名誉にあずかりましたが、その認可を得たときの編成が、我々としても初めての、語り手四人バージョンだったので、普段は、一人や二人でやっているので、実はこの日、一度は認可を受けた作品ではありましたが、まだ認可を受けてなかった“どんぐりと山猫”と共に、オリジナルの語り手とピアニストという編成をも、再度厚生労働省の担当の人に聴いて貰っていた関係で、昼の公演と夜の公演では、実は“注文の多い料理店”の編成が違っていました。

昼は厚生労働省の認可を得るための公演ではなかったので、高山正樹と楠定憲の二人で語りました。(それも、通常は二人の狩人(と二匹の子分)の会話を二人で振り分けているのですが、楠定憲は子分の所だけの出演(二匹とも敢えて白石准の頼みで大阪弁にして貰いました(爆))にしてみましたので、それも本邦初演ではありました。)
故に、両方観た役員の人たちは実に面白がって頂けたので嬉しかったです。

最後に。
僕の夢は、“注文の多い料理店”を一度、語り手6人ヴァージョンでやってみたいのです。
一人が、状況説明のいわゆる「語り」を担当し、
もう一人(今のところ高山正樹以外を想定すると、ものすごくそれらしく歌ってくれるオペラ歌手、もちろん、バリトンかテノールの男性、に頼みたいというアイデアがある。)は山猫専門。
そして、二人の狩人を、出来るだけ対照的な体格と声の持ち主で。

ここまでは昨年の公演で実現してました。

最後に、一瞬ではありますが、上手くいかなくてひそひそ話したり狩人達に促したり、山猫に気を使う子分達を、ばりばりの大阪育ちの、しかも、「おばちゃん」の漫才みたいな、超早口のだみ声でやってみたいのです。
そうすれば、あの場面のコントラストはものすごいことになりそうです。

関連記事: