オリジナルグッズ

どんぐりと山猫

昨年の同じ時期、木管五重奏版で、“どんぐりと山猫”を同じホールでやっていました。(そのpageのURLのacornのスペルが間違えていたことに今気づいた(爆))
今回は、同じホールのすぐ近所にある富田(とんだ)小学校の全校生徒の前で、pianoと語りに依るoriginal版で演奏してきました。
時は、2012/10/22(月)の朝、場所は、宮崎市に近い、宮崎県南部の新富町文化会館です。

以前に来た時は日曜日だったので、気づきませんでしたが、上空では自衛隊の戦闘機が訓練のためひっきりなしに飛行していました。
そうです、この地域は、新田原(にゅうたばる)基地のすぐそばなのです。
外に出ていると耳をつんざく轟音がしていましたが、ホールの中は凄い防音効果があり、全く気づきませんでした。

今年の初頭、高山正樹だけ、朗読の会で同じ所に行っていたわけですから、山猫合奏団関係としては、光栄なことに、このホールで三度目のお目見えになりました。

白石准としては、このホールの響きはとても好きで、かつ、pianoもYAMAHAのCFIIIというコンサート用のpianoなのですが、実に弾きやすく、最初に来た時にもそのレスポンスの良さに感動していましたが、今回もrehearsalの時間に楽しみでこの日弾かない曲までずっと弾いていました。
もしかしたら、生涯弾いたYAMAHAのコンサートグランドの中でも数本の指に入ると思えるほどの楽器です。
rehearsalでpianoを弾く事に没頭している白石准の事については、白石准のblogに書きました。

本番は朝10:25からでしたが、10分前くらいから、徒歩で富田小学校の皆さん達が続々とやってくるのが見えました。

rehearsalを終えた白石准はこの時点でまだ(この時点だったからこそなのかも(爆))、外に居て景色や戦闘機(速すぎて撮れなかった(爆))を撮っていたのですが、、、(爆)
ホールに入場する子供たち20121022@宮崎新富町

遠くに見える歩道は黄色い帽子で一杯です。
まるで、“どんぐりと山猫”の中でどんぐり達が大騒ぎしているかの如くに思いました(爆)
ホールに入場する子供たち20121022@宮崎新富町

本番が始まりました。
まず、白石准のいつもの様に長すぎるトークから。(撮影ed by 宇夫方女史)

この日は給食の関係で、11:25には終わらなくてはいけないのではありましたし、開会の挨拶ですでに5分経過していましたので、急がなくてはいけなかったのですが、白石准としては、「ピアノを上手く弾いている」という視点では無く、「風の音、滝の音、様々な様子の音に聴くことが面白いのだ」という事を最初に強調しておきたかったのです。
白石准@宮崎新富町20121022

独奏が始まりました。最初に景気づけで、派手なデ・ファリャの“火祭りの踊り”を弾きましたが、これをやらなければ時間通り終わった(ということは時間オーバーだったという事です。)と反省しています(爆)
白石准@Solo@宮崎新富町20121022

次に弾いたのは、北欧ノルウェーの作曲家、エドワルド・グリークの小品を確か三曲。
まずは、“蝶々”で、ピアノの出す音のころころ加減が蝶々の飛んでいる情景に聴いて欲しかったこと、そして次に、“夜想曲”、この中には、風や小川のせせらぎ、虫や鳥の鳴き声の様な効果が沢山あるので、音楽が描写する景色を、より鮮明に聴いて欲しかったのです。
そして、最後は派手に終わらないとと思ったので(爆)、いつも弾く、同じ作曲家の“結婚行進曲”を弾きましたが、これも余計だったか(爆)
この写真はどの曲の部分か判りませんが、このぐらいぶれが起きるくらい派手な曲なんです(爆)
白石准@Solo@宮崎新富町20121022

休憩を挟まずに、今度はメインの“どんぐりと山猫”が始まりました。
(実は、この変な服の下には“どんぐりと山猫”のTシャツを着ていて、本来なら、この曲が始まるときに一旦舞台袖に引っ込んで上の服を脱いでくるはずが、すぐに始まったので忘れてしまったのでTシャツを持ってきた意味が無かったことになる(爆))

演奏前に、特に子供たちだから(若い先生に対しても)、お話の中に出てくる「陣羽織、楽隊、馬車別当、尋常小学校、繻子の服」などの用語解説を高山正樹がしています。
“どんぐりと山猫”本番@宮崎新富町20121022

時間が押しているので、いつもよりは、だいぶテンポを速くして弾いている白石准の演奏に内心どきどきしている高山正樹です(爆)
高山正樹@“どんぐりと山猫”本番@宮崎新富町20121022

初演の頃は今より、元気の良い曲は確かに相当速く弾いていたわけで、まだ俺にもこのくらい速く弾けるのか(爆)と、まだまだわしもそんなに衰えてはいなかったかと、内心にやけながら(?)弾いている白石准。
後で録音を聴くと、やっぱり速いところは速く弾く方が面白いと思いました。
チェロと一緒とか木管五重奏版でやるときには、速い曲、たとえば“栗の木”には細かいオブリガート(主旋律に対する飾りの旋律のこと)が着いて居るので、それがちゃんと演奏できる様なテンポ設定が必要ですが、独奏版は元々、その曲は、Toccataという副題(譜面には記されていないが)を考えていた位の、「速い曲想の曲」だったので、当然のことなのです。

譜面は鮮明に写ってないけど、たぶん、これは笛吹きの滝の部分かな。これも実際にPiccolo Fluteで吹く時より遙かに速かったけど、違うものとして面白かった。
白石准@“どんぐりと山猫”本番@宮崎新富町20121022
あまり満席じゃ無いなと見えるかも知れませんが、実は、前の席は低学年が居たので、ほとんど満員(600人くらい)だったのですが、椅子の背から子供たちの頭が出てないだけなのです(爆)
五分オーバーの11:30くらいに終わりました。
戦犯の白石准は、「最初の先生方のトーク」の分だけ延びたのだなとか、呑気な事を言っていましたが、一、二曲前半の曲を減らせば余裕で終われたし、もっと落ち着いた演奏になったかも知れませんが、落ち着かなかった分だけ緊迫感があったかもしれません。
聴いて頂いた市の職員の方々は、「急いでいたとは感じませんでした。」との感想を頂いたので(訊いてみたのだ(爆))安心しました。
後で録音を聴いてみたら、思ったほど不自然にはなってなくて、まあこのテンポ取りも、若くて良いかな(爆)と作曲者は思いました。
“どんぐりと山猫”本番@宮崎新富町20121022


出演

写真をクリックするとプロフィールをお読みいただけます。


関連記事: