オリジナルグッズ

どんぐりと山猫

去る2012/09/22の夜、その一時間半前に、隣の岡山県津山市で、一度“セロ弾きのゴーシュ”を演奏し終わった、我々山猫合奏団は、ここ、兵庫県多可町にある、八千代エーデルささゆりの催事ホール、リーベ・リリエンに、19時の開演10分前くらいに到着しました。

すぐに定刻通り開演しました。
昼間の津山のホールの雰囲気とは打って変わって、今度はホテルや結婚式場を併設する森の中の素敵な施設、エーデルささゆりという所のリーベ・リリエンという名前の付いたチャペル風のホールです。

白石准が開始のトークを始めました。
白石准トーク@八千代エーデルささゆり,リーベ・リリエン

ここには、白石准は今まで二度来たことがあったことなど、もしかしたら、白石准を聴くのは初めてでは無い方が居るかなと思い、質問してみましたら、残念なことに、スタッフの方以外にはいらっしゃらないことが判明しました(爆)

この日は連休の初日で、スタッフの方は、周辺の小学校の音楽や国語の先生達にお声をかけて頂いたそうですが、ちょうど運動会当日に当たってしまい、一校だけそうじゃなかった学校の先生達が来て頂いたそうですが、他の学校の先生や、子供たちがほとんど居なかったので、それはとても残念なことではありました。

しかし、皆さん初めて白石准やそして山猫合奏団の演奏を聴いて頂けるということで、テンションも上がってきました。

実は、二回訪れた内の一回は、楠定憲と、“どんぐりと山猫”を演奏しに来たこともあったので、そのうち、“どんぐりと山猫”でも再び訪れることがあり得るなとも思いましたし、勿論、深い森がすぐ裏にあるわけだから、“どんぐりと山猫”だけではなく、“注文の多い料理店”もやった場合に、会場を出たすぐ周りの森の中に、山猫軒があってもおかしくないような場所ですから、本当に宮沢賢治の素材を演奏するのに、確かに岩手県ではないけど、僕にとっては理想的な場所だと思うのです。

前半の演奏が始まりました。
まずは、白石准の独奏から。
白石准独奏@八千代エーデルささゆり

今回の撮影は、仙台の“セロ弾きのゴーシュ”に引き続き、宇夫方女史でありました。
我々の作品のイラストは、すべて彼女の父君の宇夫方隆士さんの手によるものですが、娘の彼女も、この間の仙台の時から思っていたのですが、写真を撮るセンスに光るものがあるように思いました。

普通、ピアノを弾く姿を客席から撮るときは、上の写真の様なものが多いかと思います。
それはそれで良いのですが、撮った写真を見ていくと、この下のものに眼が停まりました。
白石准@八千代エーデルささゆり、窓の外から
敢えて、会場を出て(たぶん、客席の後ろにある二階の所に行こうとしていたのだとは思いますが。)ガラス戸越しに、格子を入れて撮っているのです。
このセンスは普通の人には無いと思いました。
彼女には今後も撮影を頼もう(爆)

次に、大島純のチェロ独奏です。
直前にやった津山の公演では時間が足りず、一曲でしたが、夜はピアノ二曲、チェロ二曲やりました。
大島純+白石准@八千代エーデルささゆり20120922

撮影者の宇夫方女史は、二階に登って撮ってくれたようです。
実は、白石准の座っているピアノのベンチ椅子。
写真でも見えますが、四つだか六つだか、座る部分に、凹んだところがあって、そこに、ボタンの様な丸い部分が底にあるんです。
そういうのは良く見かけるのですが、あの椅子はなぜか、座るとクッションが沈んで骨盤の先に当たり、もの凄く痛かったです(爆)
そういう経験はほとんどないので、(今までの二回はどうだったか覚えてない。)始終座る位置を変えて弾きました、、。
大島純+白石准@八千代エーデルささゆり20120922上から

大島純のクローズアップですが、なかなか良い瞬間を捉えましたね、宇夫方さん。
大島純Close Up@八千代エーデルささゆり20120922上から

さあ、休憩を挟んで(この日二度目の)“セロ弾きのゴーシュ”が始まりました。
昼の津山公演とは語りとチェロの左右の位置が違いますね。
たぶん、昼は、チェロだけ台に乗っていたのでそういう事になったのだと思います。
“セロ弾きのゴーシュ”@八千代エーデルささゆり20120922上から

津山の時もその場面だったやに思いますが、きっと、狸の子供が訪れた時の冒頭かなと思われます。
大島純+白石准in“セロ弾きのゴーシュ”@八千代エーデルささゆり20120922上から

“セロ弾きのゴーシュ”は2005年に初演を迎えたわけですが、このコンビは“どんぐりと山猫”の最初の頃から三十余年のコンビであるわけで、彼女のフォーカスがなんとなく、その歴史を物語るようなおっさん二人を捉えましたね(爆)
高山正樹+白石准@八千代エーデルささゆり20120922夜

と、真剣に写真を撮りまくって居るかと思いきや、床に落ちている虫の死骸をばっちり撮っていたりもする宇夫方さんのセンスは尋常では無いと思われます(爆)

“どんぐりと山猫”の途中で、初めて一郎の前に山猫が姿を現すとき、まさに大げさに、風がどうと吹いてきて、「どうだ!」と言わんばかりの威圧感で登場したのに、一郎の方は、「やっぱり山猫の耳は立って尖っているな」なんて思っちゃう、なんか、興奮しているようで実に醒めているみたいな感じがこの写真には感じます。
でも組写真としては、前後の演奏の写真があるから、この死骸も沈黙のなかに存在して居るのではなく、音の波のなかに転がっているところが、storyを感じます。

舞台上では音楽と語りの丁々発止のアンサンブルが奏でられている中、これを撮るかってさあ(爆)
エーデルささゆりの会場に落ちていた昆虫の死骸

終演後、僕らが宿泊する棟の別の部屋で、美味しい料理とビールでスタッフの方々と会食をしました。
本当にお世話になりました。
演奏者の後ろの左側が、僕と八千代町(今は多可町だけど)を結びつけてくれた、赤穂の方の上郡という場所でティンカーベルというカフェ・レストランを経営している中谷さん、そして、その右側が毎回僕が訪れる度にスタッフの皆さんを纏めて下さる渡辺さんです。
八千代ささゆりコンサート実行委員会のスタッフと

中谷さんと僕の結びつきは、僕のblogに記事にしています。
その記事に、この会場の外の風景を、当時の携帯電話で撮ったものが出ています。
たぶん、白石准のblogの方に近々にこの翌日に撮った景色の写真が出るとは思いますが、あいにくの曇りでしたから良い写真は全然撮れなかったし、やっぱりこの場所は「晴れ」が似合う。

地元の人に聞いた話ですが、泊まっていると、必ず毎晩、野生の鹿の鳴き声が聞こえるそうです。
それを夜に聞いていたら、もっと耳を澄ませたのに。

本番中も休憩時に外にでたら、虫の合唱が聞こえ、そいつらが、会場に入ってくるから窓を開放でき泣けど、夜、ゴーシュが練習している場面ではすばらしいBGMになり得るのになと、作曲者の僕は思いました。

ハイキングコースもあるから、毎回すぐに帰るはめになっているけど、何時の日か、ここに泊まったとき、朝、森を歩いて野生の鹿をカメラに収めたいと思います。

関連記事: