2013/09/08岡山県の里庄町/“セロ弾きのゴーシュ”

ゴーシュを演じ、山猫合奏団のセロ奏者である、大島純の故郷岡山県に昨年以来また行ってきました。
彼の実家は津山市なので、そこからはちょっと離れていますが、里庄(さとしょう)町の図書館からお話を頂き、演奏して参りました。

演奏会場ではない視聴覚室での上演だったため、白石准の弾くピアノは電子ピアノという編成で、語り手も高山正樹の一人というトリオ編成のものでした。

20130908“セロ弾きのゴーシュ”

その他の演奏中の画像の数々は、白石准が投稿しているPHOTO蔵という所にアップロード致しました。
是非どうぞご覧下さい。
山猫合奏団岡山県里庄町図書館公演画像集へこの文字列をclick

どってこどってこアミーゴス

きっと、“どんぐりと山猫”の中に出てくる「きのこの楽隊」って
こんな大きさだったんだろうなと、歩きながら見つけて思いました(爆)
どってこどってこ
どってこどってこ posted by (C)belokamensky

本日と来週(2013/7/9)に先日初演された山之口貘氏の詩に白石准が着けた音楽の放送があります

本日2013/7/2の夜と、再放送は2013/7/9の夜にこの日の演奏がFMつやまで放送されます。

岡山県の津山市周辺の方は、FMつやまでon airされている、
“山猫合奏団東京ニャイト倶楽部”
の放送があります。

津山地方以外の方は、
http://www.fm-tsuyama.jp/onair/
で、21:30より、リアルタイム(のみだけど22時まで。)で聴く事ができます。

2013/06/23山之口貘の詩に依る白石准の新作初演

去る2013/06/23は東京狛江市(有名な多摩川という大きな川のそば)にある喜多見という小田急線の駅のそばにある我らが山猫合奏団の事務所でもあるM.A.P.の事務所内で行われている映画祭の一環として、山猫合奏団のパフォーマンスがありました。
そこで、沖縄県の生まれである山之口貘氏の詩から9曲、白石准が書いたばかりの語りとピアノの作品が初演されました。
“オツベルと象”と同じ路線のスタイルで、ほとんどの言葉に音符を着けてある朗読でした。
細かいキャプションは、各々の写真についています。(写真をclickするとPHOTO蔵という写真投稿サイトに飛びます。)
コメントをして頂く場合はPHOTO蔵の会員で無いとそこには出来ませんので、こちらで頂けたら有り難いです。

出演したのは、

FMつやま“山猫合奏団東京ニャイト倶楽部”放送のお知らせ

毎月二回の告知ですが、今月最初の放送を告知するのを忘れていました。

次回の放送では、私の編曲した奄美大島の子守歌のチェロとピアノ版がOn Airされます。

山猫合奏団fhotofunia

来たる2013/04/9(火)の夜21:30より、岡山県の津山市周辺の方は、FMつやまでon airされている、
“山猫合奏団東京ニャイト倶楽部”
の放送(4/1分の再放送)があります。

津山地方以外の方は、
http://www.fm-tsuyama.jp/onair/
で、21:30より、リアルタイム(のみだけど22時まで。)で聴く事ができます。


毎月予定通りだとすると、基本的には月に一回の放送です。
第一週の火曜日の夜、そして再放送が第二週にあるようです。


ここをclickするとこの様にふざけたヴァーチャル広告のページに飛びます。